Warning: A non-numeric value encountered in /home/wl-ms/wl-ms.com/public_html/wp-content/plugins/cta/classes/class.cta.render.php on line 502

facebook 広告 リ マーケティングのやり方。誰でもわかる3ステップ

facebook広告
スポンサーリンク
この記事を書いた人
サトシ
facebook広告でリマーケティングできるの?カスタムオーディエンスピクセルってなーに?

facebookユーザーは実名登録ユーザーが推奨されていて興味関心や友達関係の情報に連動したより精度の高い広告手法なのでより効果のあるリマーケティングが期待できます。

リマーケティングによって普段使い慣れているfacebook広告経由で自社サイトに再訪問してもらいより濃い見込み客にアプローチが可能です。

マル
そんなfacebook広告のリマーケティングのやり方についてご紹介いたします。
スポンサーリンク

facebook リマーケティングのやり方 カスタムオーディエンスピクセルコードをサイトに埋め込む。

マル
facebook広告にログインしたのちにカスタムオーディエンスピクセルコード(リマーケティングタグ)を発行し自社サイトに埋め込みます。

adwards,yahoo!プロモーション広告同様にリマーケティングタグ(カスタムオーディエンスピクセルコード)とゆうタグを発行できます。

このピクセルコードを自社のwebサイトの~に埋め込みリマーケティングが発動できるようにします。

サトシ
facebookカスタムオーディエンスピクセルの発行、実装手順理解できた!

カスタムオーディエンスのリストを作成する。

マル
facebookカスタムオーディエンスピクセルコードを設定したら、次にURLリストをさくせいします。リーセンシー(期間)ごとのリストを組み合わせ条件使い作成します。

また類似オーディエンスですが他のweb広告リマーケティングリストよりfacebookの類似オーディエンスはかなり精度が良いためコンバージョンに至ったリストの類似リストを作成して広告配信することによって広告効果が期待できることになります。

サトシ
facebook広告のカスタムオーディエンスのリスト作成ってこうやってやるんだね。

キャンペーン作成→広告セット作成→広告を作り配信、効果測定する。

マル
facebook広告管理画面で商材、サービスにあったキャンペーンを作ります。

カスタムオーディエンスピクセルを紐ずけるために広告セットの「ターゲット」でカスタムオーディエンスの適切なリストを指定します。その後広告を2〜3パターン作り効果検証をおこないます。

サトシ
こうゆう感じにキャンペーン広告で広告セットを作ってリマーケティングを行うんだ!

facebook 広告 リ マーケティングのやり方。誰でもわかる3ステップ/ まとめ

マル
いかがでしたか?facebook広告でもリマーケティングやり方。ご理解いただけたでしょうか?
  • カスタムオーディエンスピクセルコードをサイトに埋め込む。
  • カスタムオーディエンスのリストを作成する。
  • キャンペーン作成→広告セット作成→広告を作り配信、効果測定する。

facebook広告でも運用型広告の改善は必要ですので、効果のある配信レポートをみてアカウントの改善をし品質の良い広告運用を心がけていきましょう。

サトシ
facebookリマーケティングのやり方って簡単なんだね!
Open modal
facebook広告 web広告
スポンサーリンク
マルをフォローする
無料ebookプレゼント!
無料ebookプレゼント!
あなたのブログ、サイト、youtubeの見込み客をしっかりと集客できていますか?あなたにはこれを知って正しく見込み客のリストを収集してビジネスに役立ててほしいです。 「同じようにブログ、サイト,youtube運営者に直接コミュニケーションをとってお互いメリットのある濃厚なコミュニケーションをとりたい!」気持ちわかります! なぜならブログ、サイト、運営を行っていて広告収益に依存してしまうと、広告単価の激減などにより常に不安がつきまとうからですよね。 そんなあなたにこれらの問題を解決するべく以下を紹介いたします。
  • あなたのビジネスに正しく見込み客の集め方
  • サブスクリプション(継続課金の作り方)
  • 実際にブログ、サイト、youtube運営者が集うフェイスブックコミュニティ招待
これらを無料ebookにて購読できます。 詳しくは「詳細はこちら!」をクリックしてください!
web love

コメント

タイトルとURLをコピーしました