記事が気に入ったらシェアよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告のキーワード選定での失敗しないポイント7つ

記事が気に入ったらシェアよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
リスティング広告 キーワード

リスティング広告キーワード選定での失敗したくないポイント知りたいですか?

しかしキーワードの選び方って難しいって思ってますよね。

雑誌、新聞、テレビ、書籍、ツールありとあらゆるメディアからキーワードは見つけることができます。

広告を生かすも殺すもキーワード選びで決まるともいわれます。

そこで今回はリスティング広告におけるキーワード選びの失敗しないポイント7つをお伝えします。

スポンサーリンク

リスティング広告のキーワードの選び方 1 目標設定

リスティング広告のキーワードの選び方 1 目標設定

マル
リスティング広告におけるキーワード選定はまずは目標(ゴール)コンバージョンは何かを設定します。それは商品購入なのか、資料請求なのか、または電話問い合わせなのか、そのビジネスモデルを把握する必要があります。それを踏まえたうえでキーワードを選定します。

リスティング広告のキーワード選びで目標設定なんて必要なくないって思いませんでした?

ゴールを最初に決めなければ、その後の運用のしようがないので顧客獲得単価なのかコンバージョンなのか決めるとよいでしょう。

参考使用ツール キーワードアドバイスツール、キーワードプランナにー、キーワードウォチャー、

リスティング広告のキーワードの選び方 2 関連キーワードツールでキーワードをふくらます。

リスティング広告のキーワードの選び方 2 関連キーワードツールでキーワードをふくらます。

マル
リスティング広告のキーワードを関連キーワードツールで最大限に膨らます。目標キーワードを設定したキーワード群を関連キーワードツールを使ってキーワードを抽出します。

かといってリスティング広告のキーワード選びで関連キーワードをたくさんあらいだすことって重要なの。。。どこでみつければいいの?

この行為は後述で述べるMECEの考えかたにあたることになります。「もれなく、ダブりなく」

下記の各種ツールを使ってたくさんさがせます。

参考使用ツール Goodkeyward,weblio類語検索、共起語ツール、 キーワード重複削除ツール「鬼ツール」

リスティング広告のキーワードの選び方 3 トレンドでキーワードボリュームを把握する。

リスティング広告のキーワードの選び方 4 トレンドでキーワードボリュームを把握する。

マル
リスティング広告のキーワード選定で次にキーワードのトレンド、検索需要キーワードボリュームを把握して、ビッグ(1語)ミドル(2語)スモールキーワード(3語)を軸に需要がある順番に列挙する。

だけどリスティング広告のキーワード選定でトレンドやキーワードボリュームって大事なの?

そもそも選んだキーワードに検索ボリュームがなければインプレッションもでないし、クリックもされない、コンバージョンにもつながらないからです。繁忙期やそうでないときに入札設定の強弱をつけるための参考にもなります。

参考使用ツール googleトレンド、adwardsキーワードプランナー、

リスティング広告のキーワードの選び方 4 掛け合わせツールを使う

マル
リスティング広告のキーワード選定で大事なコンバージョンに繋がる言葉をツールを使って生成する。

けれどもリスティング広告のキーワード選定で掛け合わせツールって必要ないでしょう。

この作業は上記の行なってきたキーワードに掛け合わせツールでLPもしくは自社のサービスを考慮して掛け合わせの言葉を選び、掛け合わせます。これが自分が意図としないキーワードがみつけだせてコンバージョンにつながうんです。

下記のツールで掛け合わせできます。

参考ツール http://www.related-keywords.com  http://karabiner.in/

リスティング広告のキーワードの選び方 5 SWOT分析 5C分析  MECEのフレームワークを使用し分類してアカウント戦略をたてる。

リスティング広告のキーワードの選び方 5 SWOT分析 5C分析 MECEのフレームワークを使用し分類してアカウント戦略をたてる。

マル
リスティング広告のキーワード選定でSWOT分析をして自社の狙う軸キーワードを決める。強み、弱み軸 機会、脅威軸で目標設定で洗い出したキーワードを選別してアカウント戦略をたてていく。(どれだけ機会に予算をつぎ込めれるか提案できる)

リスティング広告のキーワード選定で自社の分析って本当にいるのって思いましたよね?

5C分析による自社の市場の立ち位置も決めます。顧客(市場)、自社、競争度(競合)、協力者、拝啓をリサーチしたキーワードで分析選別する。

MECEの考えかたもれなくだぶりなくを考える重要な考え方があります。それは俯瞰的思考で考えることです。キーワードボリュームからブレイクダウンして洗い出したキーワードで上記の分析した内容で漏れがあれば膨らまし(関連語や類義語)を追加して、だぶりがあれば(重複)があれば除外します。(カニばらないように後述のhagakureグルーピング)

参考使用フレームワーク SWOT分析、5C分析、MECE,

リスティング広告のキーワードの選び方 6 マッチタイプでhagakureグルーピングしてコンテンツ(LP)をつくる(改善する)。

リスティング広告のキーワードの選び方 6 マッチタイプでhagakureグルーピングしてコンテンツ(LP)をつくる(改善する)。

マル
hagakureの考え方を元に上記のビッグ、ミドル、スモールキーワードをグルーピングしたキーワードのマッチタイプを決定する。(例、1広告グループ、同キーワード、完全「入札強」部分「入札弱」)そのグループごとにコンテンツLPをつくる。(改善する)

けれどもhagakureでリスティング広告のキーワード選定したものをグルーピングしないといけないの?

adwardsの基本的なキーワードグルーピングの考え方は

googleadwardsのDSAの逆引きをした考えかたで行えばおのずとグルーピングと各コンテンツは整合するともいえます。また定期てきなアカウントストラクチャー(組なおし)考えかた。

簡単にのべるとリスティング広告のキーワードはwebコンテンツに連動してグルーピング構成を選んでいくとゆうことになります。

参考使用ツール、キャンペーンエディター、adwardsエディター、Lisket,

リスティング広告のキーワードの選び方 7 運用後のクエリを追加、除外をして最適化する。

リスティング広告のキーワードの選び方 7 運用後のクエリを追加、除外をして最適化する。

マル
リスティング広告キーワード選定で運用後のクエリ追加(同グループにビッグ、ミドル、スモールか把握してマッチタイプを決める)、除外をして最適化をはかる。

だがしかしクエリの追加や除外ってめんどくさいって思いましたよね。

この作業を日々こなしていき。レポーティングして最適なクエリをみつけだして機会に投資(入札)をしていかなければなりません。

なぜならばクエリは日々ユーザーの打ち込むキーワードのトレンドが変わっていき、選定されたキーワードには需要がなくなることがあるからです。

リスティング広告のキーワード選定での失敗しないポイント7つ/まとめ

「リスティング広告のキーワード選定での失敗しないポイント7つ」いかがでしたか?

けれどこんなにたくさんのことを考えないといけないって思いましたよね。

  • リスティング広告のキーワードの選び方 1 目標設定
  • リスティング広告のキーワードの選び方 2 関連キーワードツールでキーワードをふくらます。
  • リスティング広告のキーワードの選び方 3 トレンドでキーワードボリュームを把握する。
  • リスティング広告のキーワードの選び方 4 掛け合わせツールを使う
  • リスティング広告のキーワードの選び方 5 SWOT分析 5C分析  MECEのフレームワークを使用し分類してアカウント戦略をたてる。
  • リスティング広告のキーワードの選び方 6 マッチタイプでhagakureグルーピングしてコンテンツ(LP)をつくる(改善する)。
  • リスティング広告のキーワードの選び方 7 運用後のクエリを追加、除外をして最適化する。

これらのことをもう一度考え直してキーワード選定してみてはいかがでしょうか?たくさんすぎるのでブックマークなどするとあとで読めるので。ぜひ

キーワードの選定の重要度はアカウント構築まですべてを最適化する考えで行っていくとよいでしょう。

マル
木を見て森を見ず、な考えにならないように構築、改善(PDCA)までがキーワード選定のポイントとも言えますね。
マル

リスティング広告,ディスプレイ広告, SNS広告を中心に日々の備忘録としてブログをはじめました。ユーザーに刺さるコンテンツ作成をもっとうに記録しています。友達がたくさん増えてメチャクチャ楽しいです。一生インプットとアウトプットの繰り返しです。みなさんも情報共有しあいましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リスティング広告のキーワード選定での失敗しないポイント7つ
この記事をお届けした
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク