記事が気に入ったらシェアよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOライティングとは?ユーザーの反応のとれる文章としてやっていること5つ

記事が気に入ったらシェアよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
seoライティング

SEOライティングとは

ブログやサイトのアクセスアップするのにキーワードを使いライティングするときの決まった型はありますか?

お世話になったブログ記事教材を参考にしてるんで今回はキーワードごとのコンテンツ記事の書き方をまとめてみました。重複する部分もあるので、自分のメモ書きでもあるので参考にしてください。

それではさっそく紹介していきます。

スポンサーリンク

SEOライティングとは!?

SEOライティングとは!?

サトシ
seoライティングとは?「あなたの記事の検索順位を上昇させるSEOライティングの基礎知識」を参考にキーワードツールを用いキーワード対策をするってことです。

しかしながらseoライティングって難しそう。。。そんな場合以下のことに注意して書いていきます。

読者(ユーザー)を意識するのも同様にseo検索エンジンにも好まれる需要のあるキーワードを織り込みながら書いてゆくことです。

結果多くの人に読まれることになるんですね!キーワードの詰め込み注意!

リード文(導入文)および記事コンテンツ構成

リード文(導入文)および記事コンテンツ構成

サトシ
一般的な文章の起承転結ではなく、ライターの仕事「リード」の書き方を参考にリード文をもとに勉強させてもらいました。
トレンドアフィリエイトの読まれる記事の書き方は構成と文章も参考にさせてもらいました。

でももっと具体的に知りたいんだけど。。そんなあなたには
下のようなwebライティングの基礎のような形です。

  • 問題提議
  • 解決策の提示
  • 解決策の根拠
  • 小見出し
  • 本文
  • 小見出し
  • 本文
  • 小見出し
  • 本文
  • 小見出し
  • 本文
  • 結論(まとめ)

リード文は問題提議、解決策の提示、解決策の根拠で、だいたいこの構成で記事作成を行っています。なお小見出し部分は英語論文などにもちいるパラグラフ構造を徹底させてトピックセンテンスサポーティングセンテンスコンクルージョンの順番に書くように意識しております。小見出し後の冒頭文は、答えをすぐ書いてあげて、次にその理由、根拠文を書き、最後にまとめるみたいな感じです。

サトシ
ライターさんに外注する際はこの形を徹底させてます。

商標名 一般名詞で「~したい」キーワードの記事の書き方(セールスLP)

商標名 一般名詞で「~したい」キーワードの記事の書き方(セールスLP)

サトシ
商標名や一般名詞で「~したい」キーワードの記事の書き方(セールスLP)はランディングページ作成の32の手順をこの記事参考にいつもLPは書くようにしています。

でももっとキーワードの記事の書き方あるんじゃないの?ぜひとも上記の記事を参考に書いてみてください。

とても参考になった記事で反応も凄くありますので、ぜひ熟読してくださいね。あと消費行動のaisasを考えてディスプレイ広告のLPはコンテンツ重視、検索広告はペラページ、ランキング(比較)LPで構成しています。
アフィリエイトページはほぼペラ、ランキング(比較)構成でやってます。

根拠のないランキングはppc広告も通りません。

なのでアンケート調査などをwebで行い、リアルなアンケート結果を提示することがよいでしょう。

PASONAの法則で記事構成していくのも考えてつかってます。

いずれにせよ商品、サービスのLPをこれでもかとリサーチして使える要素をトップコピー、ボディコピー、クロージングコピーの構成でふんだんにもりこんでます。

それと忘れてはいけないのはターゲットを1人まで絞り込む作業もわすれません。これは商品、サービス名をyahooスポンサードサーチのキーワードアドバイスツールを使い、属性別のデータを元に、3パターンぐらいディスプレイ広告に出し、

当たりのクリエイティブを見つけそのターゲットを徹底的に絞り込んで作り直します。そうするとコンバージョン率が飛躍的にあがります。

商標名や一般名詞で「~したい」のトランザクションキーワードで具体的の流れは以上です。

ターゲット(ペルソナ)に向けたキーワードをタイトル中にいれる

ターゲット(ペルソナ)に向けたキーワードをタイトル記事中にいれる

サトシ
ペルソナの設定方法|マーケティングにおいて大変重要なペルソナの設定、甘い人が多すぎますを参考に「みなさんとかそうゆう伝え方じゃなくて、これでもかっとゆーぐらい読んででもらいたいひとにむけて記事を絞り込んで書く。キーワードをメインタイトルにいれます。

ずぼら女子、目立ちたい主婦、美ママ、きゃしゃ男、肉食男子、ダサいパパ、などなど記事を一人の人に向けて書くことなんです!」とゆうことを意識してますね。
ペルソナを1つに絞るのはもう古い?でも最近はこうゆう考え方もあるみたいです。
ペルソナの設定はかなり重要でターゲットが普段聞きなれた言葉や見慣れた言葉を雑誌などの見出し、目次からひろってみるのも大事です。

キーワードを3タイプ「したい」「知りたい」「行きたい」に分類して返すコンテンツを提示する

キーワードを3タイプ「したい」「知りたい」「行きたい」に分類して返すコンテンツを提示する

サトシ
引用 SEOキーワードと三種類のユーザーニーズから勉強させてもらいました。たくさんのツールなどで拾ってきたキーワードを「したい」「知りたい」「行きたい」に分類して、ユーザーの心理を読みコンテンツ記事をかえしてあげます。

「したい」トランザクショナルクエリキーワードはおもにLP商品ページむけ

商標系一般名詞キーワードの書き方(セールスLP)

アフィリエイトや自社コンテンツなどはこのキーワードを使います。

「知りたい」インフォメーショナルクエリキーワードはおもにはバズをねらう自然にリンクが入る記事

トレンドキーワードの記事の書き方

季節系のキーワードの記事の書き方。

年間通しての検索のあるキーワードの記事の書き方

とゆうことなんですね。ほとんどはこのキーワードを狙って記事を書いていきます。

「行きたい」ナビゲーショナルクエリキーワードはブランド認知になるんで、ブログ名サイト名で検索です。これはこの情報はここに行けば探し出せるとゆうことなんで、どんどん投稿して自分のサイトをブランド認知させていきましょう。

サトシ
このキーワードの分類は最初に意識して行うことをおすすめします。

SEOライティングでユーザーの反応のとれる文章としてやっていること5つ/まとめ

いかがでしたでしょうか?seoライティングとは?ご理解いただけたでしょうか?

今回は今までクラウドソーシングなどで記事を外注ライターさんに書いてもらうときも自分でかくときでもこれらのことを実践してきたものを体系化して記事にしてみました。

サトシ
seo的にユーザーに反応のとれるライティングをPDCAを回しながら、ひたすら考えています。
サトシ

seo,webコンテンツ、ライティングやwebデザインを日々勉強しながらサイト編集をしたりブログ執筆をマルと一緒に学習しながらユーザーのみなさんにお届けしています。好きなことを得意にする生き方を身をもってブログに落とし込んで行きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEOライティングとは?ユーザーの反応のとれる文章としてやっていること5つ
この記事をお届けした
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク